ミリオンライブについて語りたい!

主にミリオンライブの楽曲やライブについて語ります。Twitter→https://twitter.com/maki103NG

解夏傀儡 ドラマCDちょい考察

※この記事は、解夏傀儡のドラマCDのネタバレを含むためご注意ください。

 

どうも、NGです。
今日はようやく解夏傀儡のドラマCDを聞きました。


まず感想ですが、端的に述べると、非常に良かったですね。
『誰ソ彼ノ淵(クルリウタがテーマソングのやつ)と違って、ホラーというよりはミステリーという感じでしたが、また違った良さでした。
というか私はどうも、綺麗に解決しないENDが好きみたいなんですよね。
というのもあって、今回の哀愁漂うような終わり方はかなり好みです。


で、気になったところをメモしながらドラマCDを聞いていたので、今日はそれについてちょこっとだけ書いてみます。

なお、ドラマCDを聞いた人前提の記事なので、イベント解説の時のような細かい説明は全カットでいきます。ご了承ください。

(※ドラマCD中の固有名詞は正確な漢字が不明ですが、この記事内では
  たまわり=魂割 たまつき=魂憑 たまいれ=魂入 とします。)

 

 

キャラ名 再確認

まずは、おさらいのために人物名を再確認しておきましょう。

咲分綾子:真壁瑞希(姉役)
咲分華子:周防桃子(妹役)
宗片美穂:馬場このみ(従姉妹役)
わかば:中谷育(少女役)
石戸命 :四条貴音(医師役)
千世  :天海春香
飯田  :徳川まつり

 

考察事項

『魂割の儀』の魂とは?

まず、この世界で魂を移すということはどういうことか考えていきたい。

美穂、綾子、わかばのドラマCD内の挙動を見るに、まず魂割の儀を受けた本人に自覚はない。自覚がないというのはつまり、器となる肉体の生前の記憶も、魂が移る前の記憶も、どちらも無いということである。

これは、華子の魂を移されたばかりのわかばに記憶が無いという状態からも明らかで、わかばは、わかばとして新たに命を授かった状態と言える。

では、魂割前の元の魂の痕跡はあるのかというと、綾子とわかばが妙に親近感を覚えているシーンや、華子(悪霊)がオムライス好きなことなどで、痕跡は存在することが示唆されている。

 

なぜ華子(悪霊)は最初、命(ミコト)に懐いていたのか?

華子は、命により自身が生きながらえたことを察していたため?
綾子の例から、人間の魂が死んでしまうと精霊の魂も弱まることがわかっているので、本能的にそれがわかっていたのかもしれない。

 

なぜ精霊(悪霊)をわかばに移さなかったのか?

可能であれば、元の人格を残したままにしたいはずなので、出来なかったと考えるのが自然。つまり、精霊側の魂を移すことは出来ず、移せるのは人間の魂だけなのだろう。

 

美穂「儀式で魂を移せるなら、私の体を使ってください!」→命「残念ながら、それは不可能です」 なぜ不可能なのか?

本編内で、このセリフだけ特になんの説明もなく、浮いているように感じた。
なぜ不可能なのか、いくつかの説を考えてみよう。

①魂割の儀で魂入をする器は、空の器でなければいけない説

命は魂憑の説明として、

「1つの体に、複数の人格、魂を宿している人間のこと」

と発言しているため、魂憑は、今回の作中のように精霊だけということはなく、いわゆる二重人格のような状態も魂憑と表現される。

よって、既に人間が入っている器でも、魂入をすることは可能な可能性はある。
(※最初から2つ入っている分には良いが移すことは出来ないという可能性もあるので、あり得ないわけではない)

 

②魂を人の器に移せるのは、1度きり説

そもそも綾子を魂割するのは良いとして、なぜ木彫りの人形に移したのか?

人の体に移せば、記憶はなくとも、また一緒に暮らせるのではないか?と思い、一時はこれが最有力だと思っていた。

しかしよくよく考えると、この状況は華子(悪霊)によって命の危機に晒されている状況であり、一刻を争うタイミングだった。よって、手近にあった人形に魂入を行ったという可能性も十分自然である気がしてきた。

 

③美穂には精霊の魂が宿っているので、移しても問題が解決していない説

今現在では最有力と思っている説。以下のセリフが根拠。

美穂「でも、なんだろう。見覚えがある気がする」
命「あなた昔、ここで儀式を受けたことがあるのよ。だからじゃないかしら。」
綾子「じゃあ、私の中にある魂って…」

どうやら、美穂の元の魂は今は綾子にあり、今の美穂は精霊の魂を宿しているようである
ということは、
精霊の魂を宿した美穂に人間の魂を移しても、それは現在の綾子の状況と同じで、人間と精霊が共存した状態になっており、改善になっていない。

よって、命はこれを不可能と表現したと思われる。

 

華子(悪霊)は、結局どうなった?

そもそもは、命が綾子に魂割を行って、綾子(カクロウ様)が、華子(悪霊)を祓うという話だったが、魂割の儀をした瞬間に華子(悪霊)が消えていったように聞こえる。

魂割の瞬間にカクロウ様がフルパワーになったとも考えられるが、以下の綾子の発言が気になっている。

綾子「安心して、私も付いていくから。これからは華子とずっと一緒だよ」​

もしかしたら人形に、綾子と一緒に華子(悪霊)も宿したのではないか?と思わないでもない。まあそうだとしたら、エピローグでの人形の語りで、華子についても言及されるような気もするが。

人物相関 & 時系列図

尺の都合だと思われるが、まさかの終盤に急に明らかになる美穂と綾子の関係
で、結局どういうことなのよって思ったので、私の思うこれまでの流れを図にしてみた。



いや、カオスすぎるだろ

あまりにも複雑な関係すぎる。もうこれ大体美穂と華子じゃん。

 

 

ということで、短いですが、今回の記事はここまで。

やっぱりミリオンのドラマCDは最高だぜ!
次の生き残りゲームも楽しみですね!

それでは~!

サムネ用です